Top Page > ┣ Exterior

┣ Exterior Archive

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

ヘッドライトインナーブラック化

ヘッドライトの形状がいまいち気に入らず、Magical Racing 製 アッパーカウル を装着していることとボディカラーがシルバーなのが相まって間延び感がありましたので、メリハリを付けて間延び感の解消を狙ってヘッドライトインナーのメッキ部分をスモーク塗装してブラック化しました。

ヘッドライトインナーブラック化
インナー部分を塗装するにはヘッドライトのベース部分とレンズ部分の分離が必要となり、分解を考えていない嵌め込みと粘着性のコーキング材で固定されているため、元通りに戻せるように破壊しないようにしなければならず、非常に難易度が高い作業となります。

ヘッドライトインナーのブラック化はクルマの特別仕様車などでよく使われる手法で、少し落ち着いた雰囲気になります。
色味はよりメリハリを付けるために、元々のベースのクロームメッキを活かしつつ極力黒に近い濃いスモークとしました。

ヘッドライトインナーブラック化IMG_1307.jpg
以前の状態との全体的なイメージの比較です。Magical Racing 製 アッパーカウル とライト部分の間に黒が入ることでメリハリが付き、ヘッドライト周辺がぼやけた感じが解消したと思います。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
STOMP Design(ストンプデザイン) 製 ストンプグリップ トラクションパッドです。
GSR専用品ではなく汎用タイプで、形状は楕円で色はクリアーです。カラーは他にブラックがあります。
サイズは横298mm、縦171mmの非対称楕円形状で、タンクの左右それぞれ形状が合いやすいよう左右対象になっています。
メーカーでの製品名表記は【 UNIVERSAL SPORTBIKE - STREETBIKE KIT : TANK SIDES - CLEAR 】です。
品番は【33-10-007】です。USA現地価格は$54.95です。日本国内定価は¥6,930(税込)です。
2012年5月10日現在の為替では、1USD/¥79.65 ですので、現地価格では¥4,376.76で購入できます。

日本における正規輸入販売元は、(有)エム 社です。

近年ロードレースやモトクロス、エクストリーム系のプロライダーがこぞって使用しているのを散見し、それほど採用されるのには余程の効果があるのだろうと興味が沸きましたので購入してみました。

>>>STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド についての情報はこちらです。

>>>STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド の購入はこちら。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッドは、基本的に車種専用品がラインナップされていて、複雑な形状のタンクや場合によってはサイドカバー、フレームにも貼れるように、車種ごとに整形されたパッドがセットになって販売されています。
しかし残念ながらGSR専用品としてはラインナップされておらず、様々な車種専用品を見比べた上で汎用の楕円タイプがフィットするのではとの憶測で選択しました。

カラーは車体色がシルバーで明るいので、より目立たないようにとクリアーを選択しました。
画像ではベージュに見えていますが、これはシール部の台紙の色です。メインの部材は透明です。

メイン部材は触ると抵抗感のある樹脂素材で、表面に施されている突起は高さ2.4mmほどで約15mm間隔で並べられています。素手で触ると結構トゲトゲしく、過剰と思えるほどの凸凹さ加減です。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
裏面のシール部の台紙を見ると、【 3M 300LSE 】と印刷されており、クルマのラッピングや看板などに使われるフィルムシートやテープ等の粘着部材でトップメーカーである 3M(スリーエム) 社製の粘着材を採用していることが伺えます。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
パッドを貼り付ける位置を決めるため、実車の乗車状態でタンクのどの部分にヒザが当たってニーグリップしているのかを検証しました。

まずは町乗りポジションでシートの前方に座った際、ステップを土踏まずとつま先立ちで踏んだ場合のシミュレーションです。
私のGSRの場合バックステップを装着しており、シートを600用に変更していますので、GSR400ノーマル状態では結果が全く異なりますのでご注意下さい。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
次にサーキットポジションでシートの後方に座った際、ステップを土踏まずとつま先立ちで踏んだ場合のシミュレーションです。

いずれの場合も概ねタンクのサイド部分にヒザが来ることになりますので、サイドカバーには貼らずタンクのサイド部分のみに貼り付けることにしました。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
シール部の台紙を剥がす際に苦労するほどの強力で粘度の低い粘着材が貼られていますので、基本的に張り直しは効かず一発勝負と考えた方が良いと思います。

まずは台紙を剥がす前に慎重に位置決めをし、ブレーキクリーナーなどの脱脂材でタンク側表面の汚れや油分をよく拭き取った上で、端から少しずつ台紙を剥がしながらパッドを貼り付けていきます。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
貼り終えてみたところまるで専用品の如く思い描いていた場所にピッタリのサイズで収まり、どこもカット加工することなく貼り付けられました。
端部の処理が汚くなる可能性があったので極力カットすることは避けたかったところ、全くその必要がなかったので最良の選択が出来たようです。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
貼り付ける際のコツとしては、無理に平面部を押さえて密着させようとせず、突起部を一つ一つ丹念に押さえて貼り付ける方が、気泡が入ったり貼りムラが起こらず綺麗に貼れるかと思います。

遠目で見れば意外とその存在は目立たず、取って付けた感が少ないのは良かったです。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
町乗りポジション、サーキットポジション共にステップをつま先立ちで踏んだ場合のみのシミュレーションですが、まさに狙っていた通りのニーグリップした際に最大限効果を発揮するであろう場所にパッドを貼り付ける事が出来ました。

早速ジーンズで試乗してみたところ、素手で触るとトゲトゲしく感じた突起はジーンズ生地を介すことで全く違和感が無く、非常に効果的にグリップ力を発揮しました。

特にアクセルを戻した際のエンジンブレーキ時に、ヒザがパッドで滑らない事でニーグリップをあえて意識することなく上体が前のめりにならなくなったため、腕で踏ん張る必要もなくなりライディングが非常に楽になりました。

しばらく乗っているとパッドの存在を忘れ、全く違和感なく存在を意識せずにライディング出来るようになりました。

STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド
後日 鈴鹿ツインサーキット にてレーシングスーツを着てサーキット走行をしてみました。

サーキットでは公道では滅多にしないハードブレーキングやコーナーでのハングオン姿勢などで、より積極的にニーグリップを使いますが、公道の時と同様に力を入れることなく下半身で慣性Gに対応でき、上半身に無駄な力を入れる必要が少なくなったので体力的に非常に楽になり、ライディングにより集中できるようになりました。

これはなかなかの優れ物だと思います。プロライダーがこぞって使用するのも頷けます。
サーキットだけでなく公道走行時にも操作性向上、疲労軽減に効果的ですのでオススメです。

>>>STOMP Design 製 ストンプグリップ トラクションパッド の購入はこちら。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
イタリアの TWM Special Components 製 フューエルキャップ です。適合コードは【 TSFP.02 】です。
タイプはキャップを180度回転するだけで素早い開閉が可能な クイックタイプ を選択。他にキャップがねじ込み式のスクリュータイプ、カギでロックが出来るロックタイプがあります。
ベースのフランジ部はアルミとカーボンの2タイプがあり、可能な限りあらゆる箇所のカーボン化を目指していますので、迷うことなくカーボンタイプ選択しました。
キャップのカラーバリエーションはシルバー、ブラック、ゴールド、レッド、ブルー、チタンがあり、カーボンとの組合せを考えオーソドックスなシルバーを選択しました。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ について詳しくは以下でご確認下さい。

>>>TWM 公式サイトの情報はこちら。
>>>日本語表記の GARUDA INC での情報はこちら。


TWM Special Components 製 フューエルキャップ
購入は海外製スペシャルパーツを多数取り扱う SpiralSpinner さんで、2011年3月現在の販売価格は¥12,096です。
ベースのフランジ部はアルミ削り出しの基部にカーボンFRPのフランジを組合せ、キャップもアルミ削り出し品ですので、シンプルかつシャープな造形で非常に軽量に仕上がっています。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
それでは各部の詳細と仕組みをご紹介します。
まずはキャップ部分です。前述の通りアルミ削り出し品ですので、シンプルかつシャープな造形で非常に軽量です。
表側には開閉のためのダイヤルレバーがあり、回転させながら開閉するので指が引っかかりやすいようにS字型の造形になっています。
裏側はフランジに引っかけてロックするためのピンがあり、燃料が漏れ出ないようにOリングが装備されています。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
キャップのダイヤルレバーは画像のように中心部が上下にスライドする構造になっており、内部にはスプリングが組み込まれていて常に表側に押しつけられている状態になっています。スプリングの反力は結構強めです。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
ベースのフランジ部表側です。中心の基部となる部分はアルミ削り出し品で、そこにカーボンFRPのフランジが接着されている構造です。
赤い丸で囲んだ部分はフューエルタンク内の圧力を調節(燃料が減ってタンク内が負圧になり燃料のデリバリーが困難になったり、燃料が気化してタンク内圧力が上昇したりしないよう)するためのブリーディング機構(エアの吸入排出)の穴となっており、ノーマルと同じように気兼ねなく使用する事が出来ます。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
上述のブリーディング機構(エアの吸入排出)の穴の反対側には透明のチューブが接続されており、このチューブをタンク側のブリーディング機構(エアの吸入排出)の穴に接続するようになっています。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
ベースのフランジ部裏側です。中心の基部となる部分はキャップを180度回転するだけで素早い開閉が可能な クイックタイプ機構の要となる構造になっています。
キャップの裏側にあるロック用ピンが回転してスライドしながら下がっていくよう、斜めに切り欠かれています。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
勝手にキャップが外れないようにする為、ロック用ピンが嵌り込んで固定する為の切り欠きが設けられています。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
キャップを取り外す際の動作の模様です。
(1) ロック状態で、キャップのロック用ピンが基部の切り欠きに嵌っています。
(2) キャップのロック用ピンを基部の切り欠きから外すため、キャップ表側のダイヤルレバーを押し下げながら回転させてロックを解除します。
(3) そのままダイヤルレバーを回転させると、キャップ内のスプリングの反力によって自動的にキャップのロック用ピンが斜めの切り欠きを滑りながら回転していきます。
(4) キャップのロック用ピンが斜めの切り欠きの最後の部分に来ると、ロック用ピンが引っかからないよう切り欠かれている部分があり、キャップをフランジ部分から外す事が出来る状態になります。

(2) のキャップのロック用ピンを基部の切り欠きから外す際に、キャップ表側のダイヤルレバーを押し下げながら回転させるという動作に少々コツが必要ですが、逆に考えればそうそう簡単にはキャップが外れるような事にならないという事ですので、安全性も問題がないと思います。

逆にキャップを取り付ける場合は簡単で、キャップをフランジに嵌めダイヤルレバーを180°回転させるだけで、キャップのロック用ピンがキャップ内のスプリングの反力により基部の切り欠きに嵌り、ロックする事が出来ます。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
1枚目の画像にあった非常に小さいOリングは、車両への取付時にスペーサーカラーが脱落してしまわないよう、固定用ボルトに嵌めてスペーサーカラーを保持するために使用します。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
フランジ部の裏側に【 Made by TWM PATENTED 】と印刷されたシールが貼り付けられていました。
クイックロック機構かブリーディング機構、あるいは他の部分にTWM独自の特許がかかっているようです。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
取り付ける前にどれだけ軽量化できたのか計量してみました。(計量に使ったスケールは2g単位で精密ではないのであくまで目安です。)
結果はノーマルのフューエルキャップが【 388g 】で、TWM Special Components 製 フューエルキャップが【 138g 】と、実に【 250g 】の軽量化に繋がりました。
ノーマルも基本的にほぼアルミ製なのですが、やはりキーロックの部分が重いのがネックになっているようです。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ
車体への取付です。まずフランジ側のブリーディング機構(エアの吸入排出)の透明チューブを、タンク側のブリーディング機構(エアの吸入排出)の穴に接続し、3箇所のボルトで固定するだけと簡単です。

タンク側のブリーディング機構(エアの吸入排出)の穴は進行方向右斜め下側のがそれで、左側の穴はオーバーフロー用(給油時等に誤って溢れさせてしまった際のドレンホール)です。

TWM Special Components 製 フューエルキャップTWM Special Components 製 フューエルキャップ
TWM Special Components 製 フューエルキャップ 装着状態です。余計な装飾が無く非常にシンプルですが、機能に特化したレース用パーツらしい硬派な印象です。
さらにカーボンパーツが増えて高級感とレーシーさがアップしたかなと思います。

燃料給油時にメインキーを抜く必要が無く手間が省けますが、キャップが車体から完全に外れてしまいますので落下や紛失には注意が必要です。
また、クイックタイプはキャップにキーロック機構が無いため、屋外に車両を保管している場合はイタズラや燃料盗難に遭う可能性が否定できないので、装着には注意が必要かと思います。

TWM Special Components 製 フューエルキャップ

Top Page > ┣ Exterior

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
AdSense
I selected items

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー
    AKRAPOVIC Slipon Muffler

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー用 カスタムバッフル
    Custom Baffle for AKRAPOVIC

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アッパーカウル
    MagicalRacing Upper Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アンダーカウル
    MagicalRacing Under Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用リアフェンダー(チェーンガード付)
    MagicalRacing Rear Fender

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用タンクパット
    WR's Tank Pad

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用ラジエターシュラウド ワイドタイプ
    WR's Radiator Shroud

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用フレームカバー
    WR's Flame Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用メーターカバー
    nao Meter Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用フェンダーエリミネーター
    nao Fender Eliminator

    Etching Factory:エッチングファクトリー/GSR400用ラジエターガード
    Etching Factory Radiator Guard

    AGRAS:アグラス/GSR400用バックステップキット
    AGRAS Backstep Kit

    AGRAS:アグラス/GSR400用トップブリッジ
    AGRAS Top Bridge

    brembo:ブレンボ/19RCS フロントブレーキマスターシリンダー レシオクイックシステム(L18/L20可変式)
    brembo 19RCS Master Cylinder

    brembo:ブレンボ/4ポット 4パット 65mmピッチ キャスティングキャリパー
    brembo 65mm pitch Caliper

    ACTIVE:アクティブ/キャリパーサポート
    ACTIVE Caliper Support

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用フロントブレーキディスクローター【STX89D】
    BRAKING Front Brake Disk

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用リアブレーキディスクローター【SZ41RID】
    BRAKING Rear Brake Disk

    WP(旧ホワイトパワー)/WP リアサスペンション
    WP Rear Suspension

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [フロント]
    MICHELIN POWER ONE:Front

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [リア]
    MICHELIN POWER ONE:Rear

    EFFEX:エフェックス/EZ-FIT BAR Low
    EFFEX EZ-FIT BAR Low

    アントライオン:antlion/ハイスロットルキット EXエンデュランス ブラック 900mm
    antlion Highthrottle Kit

    Blue Lightning Racing:ブルーライトニングレーシング/i-CON2
    BLR i-CON2

    ヨシムラ デジタル デュアル テンプメーター ASSY model-K
    YOSHIMURA Dual Temp Meter

    ヨシムラ/BMC エアフィルター
    YOSHIMURA BMC Airfilter

    NGK:エヌジーケー/イリジウムスパークプラグ【CR8EIX】
    NGK Iridium Sparkplug

    YAMAHA:ヤマハ/YAMALUBE 4RS 4リットル缶
    YAMAHA YAMALUBE 4RS

    MOTUL:モチュール/フォークオイル ファクトリーライン
    MOTUL Factory Line Fork Oil

    SUNSTAR:サンスター/ドライブスプロケット
    SUNSTAR Drive Sprocket

    SUNSTAR:サンスター/ドリブンスプロケット
    SUNSTAR Driven Sprocket

    RKエキセル/LGシリーズ(LG520UW-R)
    RK LG520UW-R

    AGRAS:アグラス/レーシングスライダー
    AGRAS Racing Slider

    AGRAS:アグラス/スタンドフックスライダー
    AGRAS Standhook Slider

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 フルフェイスヘルメット
    Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ポスト付きシールド
    Super AdSis I Series
    Shield with Post
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ティアオフシールド
    Super AdSis I Series
    Tear Off Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ダブルレンズシールド
    Super AdSis I Series
    Double Lens Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムパッド
    System Pad For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システム内装
    System Interior Part
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムネック
    System Neck For Arai RX-7RR5

AdSense

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。