FC2ブログ

Top Page > 2009年04月

2009年04月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

AKRAPOVIC製 スリップオンマフラー用 ワンオフバッフル

AKRAPOVIC製 スリップオンマフラー用 ワンオフバッフルです。

標準装備されているバッフルは排気口径が20.5mmとかなり絞られており、消音効果は高いのですが逆に静かになりすぎていた印象があり、さらに排気効率が悪く高回転域でのパワー感や回転の伸びきりがイマイチという印象でしたので、某マフラーメーカーの社長にお願いして、ワンオフで排気口径を拡大したバッフルを製作して頂きました。

IMG_1993.jpg
排気口径は標準の20.5mmから25.5mmに拡大しました。
バッフルを固定するためのナットを仕込む必要があり、外径はサイレンサー本体側で43.5mmと決まっていますので、自ずと排気口径の拡大代は決まってきてしまい、25.5mm辺りが限界でした。
ただ、この数値は現状より少し排気音量、効率を上げたいと思い考えていた数値に近い値でしたので、結果的には理想通りのバッフルに仕上がりました。

IMG_2007.jpg
2つのステンレスパイプで構成されていて、パイプを伸ばして拡げるなどして外径はサイレンサー本体の排気口径にピッタリ合うように仕上げられています。
また、エンジン側も標準品同様口径を拡げてテーパーを掛けて、スムーズに排気するように製作してもらいました。

IMG_2003.jpg
標準バッフルとワンオフバッフルの比較です。
排気口径はわずか5mmの違いですが見た目の印象は全く違い、かなり大口径化しているようなイメージになります。

IMG_2009.jpg
長さはほぼ同一になるよう製作してもらいました。
標準品を改造すれば手間も余り掛からなかったのですが、海外製品という事でバッフルだけの入手が難しく入手まで期間が長く掛かりそうだった事と、今後検査や規制が厳しくなった際にすぐに対応できるよう、標準品を残して新たに製作して頂きました。

IMG_1990.jpg
実際に装着したイメージです。外径を標準装備品と寸分違わず製作して頂いたので、引っかかったり緩すぎたりする事無くピッタリとフィットしています。

IMG_1989.jpg
標準装備品とワンオフバッフルとの装着状態での比較です。
こうして比較すると標準装備品の排気口径が非常に小さくバランスが悪い印象ですが、ワンオフバッフルの方は丁度バランスの良い排気口径になっていると思います。

エンジンを始動してみたところ、わずか5mmの拡張ですが効果は大きく、静かすぎず五月蠅すぎない狙っていた理想通りの排気音量になりました。より重低音が響く感じで迫力が増しました。

走行してみての印象はさらに良くなり、今までの標準装備品では5~6,000rpmくらいから共鳴が合って排気音がスッと聞こえなくなってしまい、高回転域ではエンジンの騒音の方が目立ってきて排気音が聞こえにくくなっていたのですが、ワンオフバッフルですと全域で丁度良い音量の排気音が常に聞こえる状態になり、運転していても非常に楽しく感じるようになりました。

また、高回転域でのパワー感と回転の伸びきりも良くなり、13,000rpmまでスムーズに回りキッチリとパワーが出てくる印象でした。結構体感的に分かる変化でしたので、実際にどの程度特性が変わっている物なのかダイナモで計測してみたいところです。

海津大崎~奥琵琶湖~三国バーガー~東尋坊ツーリング

4月12日(日)に友人のフジタ君とマツコちゃんと共に、ツーリングに出かけてきました。
目的は奥琵琶湖の「 海津大崎  」でサクラを堪能し、福井県の「 三國湊座 」でご当地バーガーの「 三國バーガー 」を食し、更に足を伸ばして「 東尋坊 」まで日帰りで行ってしまおうという事で、大阪からはかなりのロングツーリングとなります。

フジタ君とマツコちゃんは京都在住ですので、待ち合わせは京都市役所に。時間はロングツーリングになる事と、「 海津大崎 」がAM9:30以降一方通行規制になり大混雑になってしまいますので、それまでには到着しておきたいという事で早朝AM6:30に。逆算してAM5:00起きのAM5:30出発で自宅を出ました。

先日の「 サクラソロツーリング 」ではポカポカ陽気でしたので、今回もさほど寒くはないだろうと思っていたのですが、京都市役所から北上してR367(通称鯖街道)に入った辺りの山間部になると日陰が多くなり、道路脇の気温表示は7℃で体感温度はもっと低い感じで非常に寒く、震えながらの走行でした。

途中あまりの寒さに耐えかねて、R367沿いの「 道の駅 くつき新本陣 」で休憩。4月なのにホットコーヒーが身体に染みました。

IMG_1550.jpg
本日の参加車両はRGV250γ@フジタくん、IMPULSE400@マツコちゃん、GSR400@ワタクシ Ponji!の3名3台です。なんと3台ともSUZUKIの中型車です。珍しい集団ですね。(笑)

道の駅 くつき新本陣 」の裏手には安曇川が流れており、土手沿いにサクラが満開でしたので、朝日に照らされるサクラを撮影。

IMG_1554.jpgIMG_1552.jpg
IMG_1556.jpgIMG_1557.jpg
IMG_1559.jpgIMG_1561.jpg
画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。

しばらく休憩して身体も温まったところで、徐々に奥琵琶湖へ向かう交通量も多くなってきていたので、取り締まりを警戒しつつハイペースで北上。
途中R161でガソリンを給油して第一の目的「 海津大崎 」へ。まだ一方通行規制が始まってなかったのですが、念のため看板の表記に従い東側に回り込んで海岸沿いへ。

IMG_1564.jpg

IMG_1580.jpg
AM9:00前には「 海津大崎 」に到着しましたが、すでにかなりの数のクルマと観光客で溢れかえっており、さすが「 さくら名所100選 」に選ばれているだけはあるという感じでした。

遅咲きの約600本のソメイヨシノはちょうど満開時期で、非常に綺麗で感動しました。

朝という事で陽がまだ余り昇っておらず撮影するには逆光になってしまう事が多かったのですが、色んなポイントで立ち寄って撮影してみました。

IMG_1565.jpgIMG_1571.jpgIMG_1573.jpg
IMG_1591.jpgIMG_1628.jpgIMG_1633.jpg
IMG_1570.jpgIMG_1576.jpgIMG_1579.jpg
IMG_1607.jpgIMG_1637.jpgIMG_1641.jpg
画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。

しばらくサクラを堪能し、そろそろ一方通行規制が始まりそうでしたので「 海津大崎 」を後にして「 奥琵琶湖パークウェイ 」方面へ。
湖岸沿いはずっとサクラ並木が続いており「 海津大崎 」以外は交通量も少なめで、気になったところで立ち止まっては撮影しまくりました。

IMG_1643.jpg
海津大崎 」を対岸から見た風景です。横一線湖岸沿いにサクラ並木が続いています。

IMG_1646.jpg
この日も雲一つ無い快晴で非常に気持ちよく、良い写真が撮れたと思います。

IMG_1645.jpgIMG_1657.jpgIMG_1660.jpg
IMG_1662.jpgIMG_1664.jpgIMG_1684.jpg
IMG_1651.jpgIMG_1653.jpgIMG_1668.jpg
画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。

奥琵琶湖パークウェイ 」は現在崖崩れによる改修工事が数カ所で行われており、通行は西側からの一方通行規制されていますので注意が必要です。
ですが、一方通行規制をしているお陰で通常の反対車線には車両が来る事がないので、気になったところで停車しやすく撮影しやすかったです。

IMG_1689.jpg
つづら尾崎展望台にて休憩。「 海津大崎 」からの流れで立ち寄る方が多く、AM10:00前ですでに駐車場は満車で大騒ぎになっていました。

IMG_1688.jpg
フジタ君とマツコちゃんに草団子をゴチになりました。お餅は非常に柔らかく、中はこしあんがギッシリ詰まっており、少し疲れた身体に甘い物は最高でした。
雲一つ無い青い空に淡いピンクのサクラ、緑の草団子。ニッポンの春ですね。

その後少々遠いですが時間も予定通りで余裕があったので、ETCを装備しておらず休日¥1,000の恩恵を受けられない3台は、木之本から北陸自動車道沿いのR365をズンズン北上して福井方面へ。
道中高速を使う車が多いのか交通量は極めて少なく、快調なペースでワインディングを楽しめました。

しかし、さすがにずっと下道で鯖江、福井市街を抜けるには時間的にも体力的にも無駄ですので、今庄ICから北陸自動車道に乗り鯖江、福井を越して丸岡ICまでワープすることに。

丸岡ICから県道30号→R8→県道10号→県道5号→県道20号と走り、一路三国町へ。

IMG_1692.jpg
1回だけUターンしたものの順調に福井県坂井市三国町にある「 三國バーガー 」の「 三國湊座 」に到着しました。

三國湊座
 所在地:〒913-0046 福井県坂井市三国町北本町4-6-48【 マップ
 電話番号:0776-81-3921
 営業時間:10:00~17:00
 定休日:水曜日

IMG_1694.jpg
ちょうどお昼時で長距離走った後なのでお腹も空いていましたので、早速店内に入って「三國バーガー」を堪能しに行きます。

IMG_1697.jpgIMG_1698.jpg
メニュー一覧です。地方という事もあってか¥550と結構リーズナブルです。
他にカレーやラーメン、お好み焼きがあったりして、不思議なラインナップです。

IMG_1699.jpg
きました~!「三國バーガー」です!
お店の説明によると「福井県産のビーフと国産豚肉のブロックからつくる挽肉パテ(つなぎなし)・三国産のらっきょ・たっぷりの野菜・炊いたお米を使って作る米パン・自家製BBQソースとマヨネーズでつくるこだわりのハンバーガーです。」だそうです。
特に「らっきょ」が入っているところが他には見られないポイントなのですが、カレーに添えるような酢漬けのらっきょが入っているわけではないので、ほとんどタマネギと同じような感じで全く違和感が無く、逆に本当にらっきょが入ってるの?!という感じでした。
パテ(お肉)が非常にジューシーで柔らかくて味も濃く、かなり美味しかったです。
全般的に地元のこだわった具材を使用していることで、素材の味がそのまま挟み込まれているので、素朴な味わいでボリュームもあり非常に美味しかったです。

IMG_1706.jpg
同時にミニサラダセット(ミニサラダ+¥300のソフトドリンク)¥380も注文。

IMG_1705.jpg
さらにサイドメニューの「 座・ギョウザ 」¥420も注文。
本当は8個入りなのですが、食い意地が張って撮影する前に1個食べてしまいました。

IMG_1708.jpg
また今度行った際には「エビクリームカツバーガー」も食べてみたいですね。

満腹になったところでせっかくなので近隣の「 東尋坊 」にも行ってみる事に。「 三國湊座 」からは数分というところですぐに到着しました。

IMG_1719.jpg
やはり不況の影響で国内旅行が盛り上がっているのか、ETC休日¥1,000効果なのか、かなり古い観光地なので廃れているのでは?と思いきや、かなりの観光客の数に驚きました。

あれやこれや業務に関係の無いくだらない事で、むやみやたら不条理にマスゴミに叩かれている麻生首相ですが、しっかりと前を見据えてお仕事をして下さっているお陰で、こうして観光地が盛り上がりお金を落とし、回り回って景気が上向きになっていくという事を実感しました。

IMG_1732.jpg
ここ「 東尋坊 」には専門学生時代に来たきりだったので、およそ17年ぶりで非常に懐かしい思いでした。

IMG_1728.jpgIMG_1736.jpg
IMG_1738.jpg
ここでもツーリングのお約束、ソフトクリームを堪能!掛かっているのはストロベリーソースです。
田舎のおばちゃんはサービス精神旺盛なのか、見本の状態より2倍はあるのでは?と思わせるほどモリモリに盛ってくれたのは良いのですが、あまりに多すぎて食べきるのが大変でした。

ここで本日の予定は全て消化したので、帰路に就く事に。
同じ道を戻って北陸自動車道の丸岡ICから高速に乗り、南条SAで休憩。ここで相談して高速料金を削減すべく敦賀ICで降りてR161から南下して再び鯖街道にて京都方面に戻る計画をしたのですが・・・南条SAを出た直後から前が詰まっているにもかかわらず、やたらと煽ってくるキチ○イババァの運転するオデッセイに3人とも翻弄されてしまい、知らぬ間に敦賀ICを通り過ぎてしまい気付けば長浜ICまで行ってしまっていたので、下道計画は諦めそのまま高速で帰る事に変更。
途中のPAで休憩して2人に敦賀ICを通り過ぎたのは気付いたか聞いてみると、やはりキチ○イババァのオデッセイに気を取られて気付かなかったという事でした。

そのまま名神高速道路で戻ると栗東辺りから渋滞が始まり、すり抜けしまくりながら進んで京滋バイパス分岐点で2人とは流れ解散。その後も吹田まで長々と渋滞が続き、すり抜けの連続で神経をすり減らしながらも無事に帰宅する事ができました。

予想外に高速を長距離乗ってしまったので、通行料が¥4,600もして無駄なお金を使ってしまいましたが、後から考えるとフル高速で帰った状態でも結構疲れており、途中から下道だともっと疲れて帰る時間も遅くなってたと思われますので、結果的にはこれで良かったのかも?しれません。

帰ってからメーターを確認すると、実に520kmも走行していました。日帰りとしては結構な走行距離ですが、この2人とのツーリングは結構ペースが良いので、それほど疲れはなかったです。

休日に高速を使うツーリングではETC¥1,000効果が絶大ですので、もう少しほとぼりが冷めたところでETC導入を考えたいと思います。

サクラソロツーリング


4月8日(水)に仕事の段取りを付けてお休みし、ソロツーリングに出かけてきました。
目的は先日の「がいなうどんツーリング 」ではいまいちサクラに恵まれなかったので、過去に一度行ってサクラが見事だった京都府美山町にある「大野ダム」に行って、サクラをバックにGSRの写真を撮影する事です。

この日は一日雲一つ無いまさしく快晴に恵まれて気温も上がっていたので、バイクで走るには絶好の日和でものすごく気持ちよかったです。

自宅から阪神高速で「池田木部第二」までワープし、R173→R477に入ってズンズン北上します。
道中にもサクラが満開で綺麗なところがあったので、路肩に寄って撮影。勝手気ままに気が向いたところで撮影できるのはソロならではですね。

IMG_1327.jpg

IMG_1331.jpg

R477をズンズン北上していくとR9に当たりますが、少し寄り道して「日吉ダム」にも行ってみようと思いつき、そのまま直進して府道19号に入り「日吉ダム」へ。

IMG_1336.jpg

IMG_1343.jpg

残念ながら「日吉ダム」に併設されている「スプリングスひよし」が定休日だったのでゆっくり休憩できませんでしたが、ダム沿いでサクラが綺麗なポイントで停まって撮影しました。

その後「大野ダム」へは西方面から向かおうと思い、府道19号→府道50号→府道80号でR9に入り、少し北上してR27に入ったところにある「丹波の里 やまがた屋」で休憩を取りつつ昼食を摂る事に。

満腹になったところで本日の目的地「大野ダム」へ。R27を北上して府道12号に入り、ほどなくして「大野ダム」に到着。ちょうど桜の季節に合わせて「第24回 京都・美山 大野ダムさくら祭り」が開催されており、平日にもかかわらずサクラ見物に大勢の方が来ていました。

IMG_1362.jpg

IMG_1358.jpgIMG_1370.jpgIMG_1381.jpg
IMG_1353.jpg IMG_1368.jpg IMG_1382.jpg
IMG_1388.jpg IMG_1397.jpg IMG_1402.jpg
IMG_1387.jpg IMG_1391.jpg IMG_1394.jpg
IMG_1404.jpgIMG_1409.jpgIMG_1362.jpg
小さい画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。

約1000本のサクラは丁度満開時期で、ダム一帯は淡いピンクで染め上げられていて、雲一つ無いポカポカ陽気と相まって、これぞニッポンの春!という感じで満喫できました。日本人として生まれて日本にいられてホントに良かったなぁと思える瞬間でもあります。

その後せっかくこんな所まで来たしまだ時間もあったので、走り慣れているR162 通称「周山街道」まで行き、北上して「道の駅名田庄」まで行ってみる事に。

大野ダム」沿いの府道12号からR162に向かう道中で、川の反対側にまたサクラが綺麗なポイントがあったので寄り道する事に。

IMG_1415.jpg IMG_1427.jpg
IMG_1419.jpg IMG_1420.jpg
小さい画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。

春の交通安全期間中ということもありペースを抑えつつ走り慣れたR162を北上し、途中の堀越峠ではペースを上げてワインディングを楽しみつつ、無事に「道の駅名田庄」に到着。

IMG_1432.jpg

お約束の黒蜜ソフトを頬張りつつしばしの休憩。
さすがに平日だけにバイクの数は少ないですが、それでも数台ツーリングで立ち寄られていました。

休憩後帰路につくべくR162を戻って南下し、周山街道ツーリングではお約束休憩ポイントの「道の駅 美山ふれあい広場」でしばし休憩。
奥の方にサクラ並木があったので広場には入らずにここでまた撮影。

IMG_1440.jpg
サクラと赤橋と美山川

IMG_1439.jpg IMG_1446.jpg IMG_1458.jpg
IMG_1449.jpg IMG_1451.jpg IMG_1454.jpg
小さい画像をクリックすれば大きな画像でご覧いただけます。


休憩後帰る方向で取り締まりの多いR162を避けて府道19号を南下し、府道50号に入り再び日吉ダム沿いを走りR477に入り亀岡方面へ。帰りは府道6号から高槻方面に抜けようと考えたので、R477の途中で府道405号に入ってR9をショートカットする事に。

途中府道405号から府道25号に入るポイントに「平野沢池」というそこそこ大きい池があり、ここもサクラ並木が見事で雰囲気が良かったので、急遽停まって撮影する事に。

IMG_1465.jpg

IMG_1460.jpg IMG_1476.jpg
IMG_1469.jpg IMG_1479.jpg
IMG_1485.jpg IMG_1486.jpg
ちょうど府道405号と府道25号が交わる交差点をショートカットできる小道があり、ほとんど交通量がなく非常に良い雰囲気の中撮影ができました。
大野ダムより少し南で標高も低いためか、満開ながらも少しずつ散り始めていました。

再び走り出し府道25号からR9に向かう途中のとある川沿いもサクラ並木が見事だったのですが、バイクで入っていく事は難しそうだったのでスルーする事に。
しかし帰宅してから気になって調べてみると、そこは「七谷川・和らぎの道」と呼ばれる亀岡では有名なサクラの見所だったようです。約1,500本のサクラが咲きそろい、夜間はライトアップもされているようですので、来シーズン機会があれば行ってみたいと思います。

府道25号からR9を少し走り府道6号に入ってズンズン南下します。
地図を見ていると途中に「摂津峡公園」があり、ここもサクラの名所と聞いた事があったので、寄れれば行ってみようと思っていたのですが、府道6号からは行く事ができなかったようでしたので諦め、そのままR171→中央環状線を経て無事に帰宅しました。

ソロという事で思いつくままに寄り道したり行き先を変えたりして、色々なポイントでサクラを満喫し撮影できたので非常に満足度が高かったです。

Top Page > 2009年04月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
AdSense
I selected items

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー
    AKRAPOVIC Slipon Muffler

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー用 カスタムバッフル
    Custom Baffle for AKRAPOVIC

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アッパーカウル
    MagicalRacing Upper Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アンダーカウル
    MagicalRacing Under Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用リアフェンダー(チェーンガード付)
    MagicalRacing Rear Fender

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用タンクパット
    WR's Tank Pad

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用ラジエターシュラウド ワイドタイプ
    WR's Radiator Shroud

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用フレームカバー
    WR's Flame Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用メーターカバー
    nao Meter Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用フェンダーエリミネーター
    nao Fender Eliminator

    Etching Factory:エッチングファクトリー/GSR400用ラジエターガード
    Etching Factory Radiator Guard

    AGRAS:アグラス/GSR400用バックステップキット
    AGRAS Backstep Kit

    AGRAS:アグラス/GSR400用トップブリッジ
    AGRAS Top Bridge

    brembo:ブレンボ/19RCS フロントブレーキマスターシリンダー レシオクイックシステム(L18/L20可変式)
    brembo 19RCS Master Cylinder

    brembo:ブレンボ/4ポット 4パット 65mmピッチ キャスティングキャリパー
    brembo 65mm pitch Caliper

    ACTIVE:アクティブ/キャリパーサポート
    ACTIVE Caliper Support

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用フロントブレーキディスクローター【STX89D】
    BRAKING Front Brake Disk

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用リアブレーキディスクローター【SZ41RID】
    BRAKING Rear Brake Disk

    WP(旧ホワイトパワー)/WP リアサスペンション
    WP Rear Suspension

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [フロント]
    MICHELIN POWER ONE:Front

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [リア]
    MICHELIN POWER ONE:Rear

    EFFEX:エフェックス/EZ-FIT BAR Low
    EFFEX EZ-FIT BAR Low

    アントライオン:antlion/ハイスロットルキット EXエンデュランス ブラック 900mm
    antlion Highthrottle Kit

    Blue Lightning Racing:ブルーライトニングレーシング/i-CON2
    BLR i-CON2

    ヨシムラ デジタル デュアル テンプメーター ASSY model-K
    YOSHIMURA Dual Temp Meter

    ヨシムラ/BMC エアフィルター
    YOSHIMURA BMC Airfilter

    NGK:エヌジーケー/イリジウムスパークプラグ【CR8EIX】
    NGK Iridium Sparkplug

    YAMAHA:ヤマハ/YAMALUBE 4RS 4リットル缶
    YAMAHA YAMALUBE 4RS

    MOTUL:モチュール/フォークオイル ファクトリーライン
    MOTUL Factory Line Fork Oil

    SUNSTAR:サンスター/ドライブスプロケット
    SUNSTAR Drive Sprocket

    SUNSTAR:サンスター/ドリブンスプロケット
    SUNSTAR Driven Sprocket

    RKエキセル/LGシリーズ(LG520UW-R)
    RK LG520UW-R

    AGRAS:アグラス/レーシングスライダー
    AGRAS Racing Slider

    AGRAS:アグラス/スタンドフックスライダー
    AGRAS Standhook Slider

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 フルフェイスヘルメット
    Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ポスト付きシールド
    Super AdSis I Series
    Shield with Post
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ティアオフシールド
    Super AdSis I Series
    Tear Off Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ダブルレンズシールド
    Super AdSis I Series
    Double Lens Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムパッド
    System Pad For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システム内装
    System Interior Part
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムネック
    System Neck For Arai RX-7RR5

AdSense

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。