FC2ブログ

Top Page > 2010年08月

2010年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

'08年モデルまでのGSR400の油温について考察

P1100174.jpg
先日 ヨシムラ製 デジタル デュアル テンプメーター を装着して、走行時の正確な油温、水温のチェックが可能になりましたので、その値をチェックしてみました。

水温は冷却水の流れを約82℃まで抑制して水温の上昇を早め、エンジンにとって適正な水温を保つようにするサーモスタットを装備していることもあり、8月半ばの一番気温が高く暑い時期においても90℃を超えることはまれで、高回転域を保って走行しても80℃台を維持していて全く問題は無く、4ストロークエンジンがより性能を発揮できる適正水温内に収まっていました。

これは恐らくGSR400のエンジンが、元々レース使用を前提とした高性能エンジンを搭載するGSX-R600からの流用でボアダウンしたものである為、冷却系もGSX-R600の性能に対応するレベルのモノ(ウォーターポンプ、ラジエター等の能力や容量)が装備されているため、400ccエンジンには余りある冷却性能を持っているためだと思われます。

水温については全く問題がないことが確認できましたが、油温について気がついたことがありました。

意図的に速度に対して低めのギヤを使用し、エンジン回転数を高めにして負荷を与えて走行してみたのですが、概ね水温よりも少し低めの温度を表示していました。

油温の適正温度については、私自身で調べたところエンジンの仕様や目的、オイル製造メーカーの考え方、エンジンチューナーなど現場での経験からの考え方などで諸説あるようですが、概ね水温よりも約10℃ほど高めの90℃~100℃を基準にすると良いとの事でした。

という事はGSR400の場合この暑い時期に高負荷を与えた状況で水温よりも低い温度にしかならないというのは、オイルにとってもエンジンにとってもあまり良くない事なのでは?と思いました。
ネット上で同じGSR400ユーザーさんの実例では、冬場にエンジンオイルが乳化してしまう症例があり、厳冬期にはクランクケース内で結露を起こしやすい状況に重ねて、エンジンオイルが冷えすぎて適温に達しにくく(特に短距離しか走行しなかったり、低回転域でしか走行する事が多い場合)水分を蒸発できずに乳化しやすい状況になっているのでは?と思われます。

P1080058.jpg
エンジンオイルが適温に達しない原因としては、'08年モデルまでのGSR400がエンジンオイルを冷却水を使って冷却していることによるものと思われます。
エンジンオイルフィルターの奥側にある画像の赤で丸く囲ったグレーの部分が、オイルを冷却水で冷却している部分です。

恐らくGSX-R600やGSR600のエンジン性能、熱量(カロリー)ではオイルの水冷が必要となり装備されているものと思われますが、そのままの仕様でボアダウンしただけの'08年モデルまでのGSR400では、熱量(カロリー)に対して冷却性能が過剰になってしまい、エンジンオイルが適温に達しない結果になるのだと思います。

事実、'09年モデル以降の61馬力仕様車では吸排気、エンジン、電気に、より400ccに適した変更が施され、その変更点の中には『水冷式オイルクーラーの削除』があります。
実際61馬力の出力があるのかどうかは別にして、公称出力値が従来よりも大幅に増えているにも関わらず水冷式オイルクーラーを削除したという事は、これはメーカー側も400ccではエンジンオイルが適正温度に達しない事を認識し、コストカットの観点だけでなく水冷式オイルクーラーは過剰な装備なので必要ではないとの判断で削除されたのだと思います。

'09年モデル以降の61ps仕様車では、水冷式オイルクーラーの排除によって実際どの程度の油温になっているのか、一度確認してみたいものです。

Under400誌に掲載されました。

  • 2010-08-07 (Sat)
  • etc.
7月18日に 鈴鹿ツインサーキット で行われた、バイク盆栽雑誌の カスタムピープル 誌の撮影会に参加するべく、ツーリングがてらお出かけしてきました。

この日鈴鹿ツインサーキットでは『 DEAD or RIDE 』という走行会が開催されており、とある友人が参加していたので、パドックにお邪魔させてもらい色々お話しして頂きました。
そしてついでにイベント中にあった無料の先導車付き体験走行にも参加して、滅茶苦茶ノンビリペースですが数周GSRでは初のサーキット走行をしてみました。

撮影会はイベントのオマケ的要素で小さめの扱いで掲載されると思われるのですが、カスタムピープル誌的に私のGSR400はなかなか珍しい存在だったようで、別扱いでページを割いて掲載するかもしれないという事と、同じ出版社から出版されている、Under400 誌でも掲載することになるかもしれないという事で、追加でカスタムポイントの撮影をして頂きました。

IMG_0125.jpgIMG_0131.jpgIMG_0133.jpg

後日 カスタムピープル 誌編集部から連絡があり、配布されたアンケート用紙にカスタムの内容やバイクライフについてのレポートを記入して送り返しました。
さらに後日改めて Under400 誌から電話にて過去から現在までのバイクライフについて取材を行いたいという連絡が入り、1時間以上にわたってバイクに興味を持ち始めたところから色々とお話しさせて頂きました。
取材を受けたのが7月下旬だったのですが、編集部の方によると早々の8月6日売りの誌面に掲載されるという事で、かなりテンポの早い展開には驚きました。

そして迎えた8月6日。
早速本屋さんに走って Under400 誌をチェックしたところ、「教えてあなたのU4LIFE」という400cc以下のオーナーのバイクライフを紹介するコーナーに掲載されていました!

u4_023_magazine_img+.jpgSCAN0003.jpg

その昔すでに廃刊してしまったバリバリマシン誌や走り屋バトルマガジン誌、バイクボーイ誌、現在もあるオートバイ誌、モトチャンプ誌などの投稿コーナーに掲載された経験がありますが、近年は投稿することもなく掲載されることも無かったので、久しぶりで新鮮でした。

全国誌に顔出しは抵抗がありましたので、サングラスを着用してカモフラージュしています。
よろしければ本屋さんにて誌面をチェックしてみて下さい。

一足先に Under400 誌への掲載となりましたが、今後 カスタムピープル 誌への掲載もして頂けるというお話を頂いていますので、掲載を楽しみに待っています。

Top Page > 2010年08月

Recent Comments
Recent Trackback
Search
Meta
Links
Feeds
AdSense
I selected items

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー
    AKRAPOVIC Slipon Muffler

    アクラポビッチ:AKRAPOVIC/SPシリーズ スリップオンマフラー用 カスタムバッフル
    Custom Baffle for AKRAPOVIC

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アッパーカウル
    MagicalRacing Upper Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用アンダーカウル
    MagicalRacing Under Cowl

    Magical Racing:マジカルレーシング/GSR400用リアフェンダー(チェーンガード付)
    MagicalRacing Rear Fender

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用タンクパット
    WR's Tank Pad

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用ラジエターシュラウド ワイドタイプ
    WR's Radiator Shroud

    WRs:ダブルアールズ/GSR400用フレームカバー
    WR's Flame Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用メーターカバー
    nao Meter Cover

    nao:エヌエーオー/GSR400用フェンダーエリミネーター
    nao Fender Eliminator

    Etching Factory:エッチングファクトリー/GSR400用ラジエターガード
    Etching Factory Radiator Guard

    AGRAS:アグラス/GSR400用バックステップキット
    AGRAS Backstep Kit

    AGRAS:アグラス/GSR400用トップブリッジ
    AGRAS Top Bridge

    brembo:ブレンボ/19RCS フロントブレーキマスターシリンダー レシオクイックシステム(L18/L20可変式)
    brembo 19RCS Master Cylinder

    brembo:ブレンボ/4ポット 4パット 65mmピッチ キャスティングキャリパー
    brembo 65mm pitch Caliper

    ACTIVE:アクティブ/キャリパーサポート
    ACTIVE Caliper Support

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用フロントブレーキディスクローター【STX89D】
    BRAKING Front Brake Disk

    BRAKING:ブレーキング/GSR400用リアブレーキディスクローター【SZ41RID】
    BRAKING Rear Brake Disk

    WP(旧ホワイトパワー)/WP リアサスペンション
    WP Rear Suspension

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [フロント]
    MICHELIN POWER ONE:Front

    ミシュラン:MICHELIN/POWER ONE:パワーワン [リア]
    MICHELIN POWER ONE:Rear

    EFFEX:エフェックス/EZ-FIT BAR Low
    EFFEX EZ-FIT BAR Low

    アントライオン:antlion/ハイスロットルキット EXエンデュランス ブラック 900mm
    antlion Highthrottle Kit

    Blue Lightning Racing:ブルーライトニングレーシング/i-CON2
    BLR i-CON2

    ヨシムラ デジタル デュアル テンプメーター ASSY model-K
    YOSHIMURA Dual Temp Meter

    ヨシムラ/BMC エアフィルター
    YOSHIMURA BMC Airfilter

    NGK:エヌジーケー/イリジウムスパークプラグ【CR8EIX】
    NGK Iridium Sparkplug

    YAMAHA:ヤマハ/YAMALUBE 4RS 4リットル缶
    YAMAHA YAMALUBE 4RS

    MOTUL:モチュール/フォークオイル ファクトリーライン
    MOTUL Factory Line Fork Oil

    SUNSTAR:サンスター/ドライブスプロケット
    SUNSTAR Drive Sprocket

    SUNSTAR:サンスター/ドリブンスプロケット
    SUNSTAR Driven Sprocket

    RKエキセル/LGシリーズ(LG520UW-R)
    RK LG520UW-R

    AGRAS:アグラス/レーシングスライダー
    AGRAS Racing Slider

    AGRAS:アグラス/スタンドフックスライダー
    AGRAS Standhook Slider

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 フルフェイスヘルメット
    Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ポスト付きシールド
    Super AdSis I Series
    Shield with Post
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ティアオフシールド
    Super AdSis I Series
    Tear Off Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用スーパーアドシスI ダブルレンズシールド
    Super AdSis I Series
    Double Lens Shield
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムパッド
    System Pad For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システム内装
    System Interior Part
    For Arai RX-7RR5

    Arai HELMET:アライヘルメット/RX-7RR5 用システムネック
    System Neck For Arai RX-7RR5

AdSense

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。